セラピストへのおもい

私は元々太りやすく、ニキビ肌などのコンプレックスがあったからこそ、自分自身がきれいになりたかったのと正しい知識を学びたかった。ということがエステティシャンになったきっかけでした。

当たり前ですが、キラキラした仕事になるには経験とお客様からの信頼が生まれてきてからで。当時勤務時間は長いし売上目標は毎月、毎月あるしすごく逃げたい自分と、何かわからないけど変わらないといけないと思っている自分がいました。

私が本当の意味で変わることができたのは、娘を授かったときですね。今のままの自分では娘が生まれてきてから恥ずかしいのではないかと心から思いました。そして初めて仕事の取り組み方や自分の性格、考え方を見直しました。

エステティシャンになり5年ぐらいは本当にお客様から育てて頂きました。

10年ぐらいでやっと、一人前になりお客様に何か提供できるようになりました。

15年ぐらいでプロのセラピストとして大変ありがたい評価をご対応するほぼ皆様から頂けているかと思えるようになりました。

20年たちセラピストとして少し満足できている自分がいて、これからセラピストになりたい人やサロンがうまくいってない方のマネージメントや養成をしたいという気持ちが大きくなり、スクール事業をスタート致しました。

娘や家族を守りたい。誰かの喜ぶ顔がみたい。自分の好きな仕事ができていることに感謝しかございません。美容セラピストは本当にいい仕事だと心から思います。

ポンコツだった私は美容の世界にいて失敗も貧乏も経験しました。ただ自分の夢を実現することだけは諦めずにいた私は20年の経験をすべてマニュアル化しました。

技術も知識もセラピストとして大切な学びもすべてまとめたものをスクールでお伝えしていきます。

幸せだと思える日常をセラピストという仕事を通じて皆様が手にして頂けたらと思っております。