アノージュとは

 

アノージュとは、フランス語で天使です。

柔らかくて可愛いくて女性らしい愛されるセラピストをイメージしていたところアノージュという言葉がぴったりでした。

気品ある可愛いらしい女性と百合はよく似合うと思い、百合の花言葉を調べていましたら「純粋」「無垢」「威厳」。

ユリはキリスト教では「聖母マリアの象徴」と言われ、古くから「母性の象徴」とされてきました。

母性の象徴というのは、私の目指す愛あるセラピストにとても近いものがあり、スクールではそのようなセラピストを養成したかったのです。

自分自身の本来もつ美しさへと。

誰からも愛される女性へと。

セラピストという仕事をすることで、誰もが聖母マリアのような女性になれる。望むのであればもっともっと素敵に輝くことができる。

そのような思いからホリスティックビューティーセラピストカレッジ アノージュは誕生いたしました。